休みが合わないカップルは別れることになる?

休みが合わないカップル 休みが合わない
この記事は約11分で読めます。
Sponsored Links

「今日は休みなのに…寂しいな…」

休みが合わないカップルは、せっかくの休みなのに寂しく感じてしまうものです。

時間がたくさんあるからこそ、相手のことを考える時間が増えていき、ついネガティブな想像が膨らんでしまいます。

このまま休みが合わない日が続くと、いつか別れることになるのではないかという不安を感じてしまう日もあるでしょう。

ここでは、休みが合わないというのはカップルにはどんな影響があるのか、いつか別れることになるのか、別れを回避するにはどうしたら良いのかなどについて考えていきたいと思います。

Sponsored Links

休みが合わないことによる影響は?

コミュニケーション不足になる

会う頻度が減り、電話やLINEでの連絡まで少なくなると、コミュニケーション不足になってしまいます。

コミュニケーション不足は心の距離もどんどん遠ざかってしまう原因に繋がりますよね。

心理学には、単純接触効果というものがあります。接する機会が多くなるほど親しみを感じるようになるという意味です。

初めて会った時は気難しそうだと感じた人なのに、何度か顔を合わせていくうちに、親しみを感じるようになった…なんて経験は誰にでもあると思います。

単純接触効果により、遠くにいる好きな人よりも、近くにいて寄り添ってくれる人に惹かれてしまうこともあるのです。

寂しさを強く感じている時、寄り添ってくれる異性にフラッと行ってしまった…なんて話をよく聞くのは、それが関係するのでしょうか。

寂しさを感じることが増える

一人でいる時間が長くなると、恋人をより恋しく感じてしまうものです。

別々に住んでいるなら、次はいつ会えるんだろうと憂鬱な日々を過ごしていることでしょう。やっと会えてもお別れの時間がくると思うと一緒にいても寂しいですよね。

そして、同棲しているカップルでも寂しいものは寂しいです。

一緒に住んでいるはずなのに、休みの日はいつも恋人はいなくてひとりぼっち。やっと帰ってきたと思ったら、疲れているからあんまり甘えることもできないし、あっという間に就寝時間になってしまう…。

私もそういう日々を送ったことがあるのでよく分かります。

一緒に住んでいるカップルも、別々に住んでいるカップルも、それぞれ種類の違う寂しさを募らせているでしょう。

長時間一緒にいられない

休みが合わないカップルは、一緒にいられる時間が限られています。とくに別々に住んでいるカップルにとっては辛いでしょう。

片方が休みだったとしても、もう片方が仕事なので、会えたとしても仕事が終わった後からです。

18時に会えたとしても、23時にバイバイするとしたら5時間しかありません。

それに、会いたい気持ちがあっても仕事で疲労が溜まっていては心から楽しむこともできないでしょう。

私たちは別々に暮らしていた頃、私がいつもぐったり疲れていて、会ってもすぐに眠ってしまう毎日でした。

待っていた彼氏からすると、ぐったりしている姿を見て、「やっと会えたのに!」とがっかりしていたかもしれません。

私たちの場合は、せめて一緒に眠るだけでも…と思って3日と空けずに会っていたので乗り越えられましたが、これが会う頻度まで低くなっていたらどうなっていたのでしょうか。

休みが合わないカップルは「別れる」という結末を迎えるの?

休みが合わないと悩んでいる人なら何度となく頭に浮かんでいるでしょうが、休みが合わないカップルは、別れる可能性が上がると言わざるを得ません。

一緒にいる時間が短くなる、コミュニケーション不足になりやすいなど、恋人が付き合っていくうえで弊害になりやすいのは事実としてあります。

ですが、休みが合わなくても結婚して幸せに暮らしているカップルがいるのも事実です。単身赴任で年に数回しか会えない夫婦もいますし、中にはお互いの時間を大切にするために別居婚を選択する人たちだっています。

また、休みの日が同じだったら同じだったで、「のんびり一人で過ごす休日が欲しい」なんて思う人もいますし…。

結局のところ、休みが合わないことをどう捉え、どうやって二人で向き合っていくのかが大切なのです。

休みが合わないカップルが別れを回避するには

LINEをコミュニケーションツールとして活用する

カップルはデートの回数やデートの内容、一緒に過ごした時間ではなく、コミュニケーションを取ることがとにかく大切です。

直接会って話をするのがベストなのですが、無理をすると続けるのが難しくなります。無理をせずにコミュニケーションが取れると言えば、やっぱり電話やLINEは欠かせません。

男性は電話やLINEでの意味のない会話が苦手、という人は多いと思いますが…。彼女との良好な関係を築いていくために仲良く暮らしていくためのツールとしてぜひLINEを活用してください。

女性側は、彼氏が電話やLINEでのやり取りが苦手だと把握したうえで、うまく付き合っていくためにはどんなことができるのかを話し合う機会を作るとよいでしょう。

例えば、1日に何回くらいのやり取りだったらストレスを感じないのか、電話は何分くらいが良いのか、電話のペースはどのくらいが良いのかなど。

もちろん、女性側も週にどれくらいのペースで連絡を取り合いたいのかを伝えたうえで、譲り合いつつルールを緩く決めていきましょう。

離れている時間よりも、一緒にいる時間に目を向ける

どこに目を向けるかで、ストレスの感じ方や幸せの感じ方が大きく異なります。

休みが合わないという状況で寂しさが募っていくと、一緒にいられない時間にばかり目を向けてしまいがちです。

ですが、一緒にいる時間に目を向けるように意識すると、見え方が変わってきます。

次のデートどこへ行こうかな?とか、どんな話をしようかな?というように、会った時の幸せな時間を想像してみてください。

なかなか会えないことも事実。でも会った時に嬉しいのも事実です。

実際に会った時には、これまで楽しみにしていた気持ちを、思いっきりぶつけるように、一緒にいる幸せを噛み締めましょう。

相手任せにせず、自分から行動に移す

行動力については、とくに女性に伝えたいことです。

私の周りは受け身な女性が多いですが、あなたはどうでしょうか。

彼氏から動いてくれるのを待ってしまう女性は少なくありません。

確かに、彼氏の方からあなたに会いに来てくれたなら、すごく嬉しいし、愛情も感じるでしょう。

ですが、相手の行動を待つようになると、行動を起こさない彼氏=私への愛情がないと決めつけてしまうようになります。

会いたいとすら言わずに、ただ待っているだけなのに、相手を責めているのなら、今すぐにやめてください。そうじゃないと、別れることになりますから。

会いたい!と思ったら、自分から積極的に行動を起こすほうが精神衛生上いいですし、彼氏の負担も軽くなります。

”当たり前”に気を付けよう

自分から積極的に行動を起こすのは大切ですが、あなたの方から会いに行くのが当たり前になるとそれはそれで悩み事が出てくるかもしれません。

彼氏のほうが受け身になって、アクションを起こさなくなってしまう可能性があります。

何事もバランスが大切ですから、いつもやってあげる側ではんかう、甘えたいときは甘えてくださいね。

相手の立場に立ってあげる

休みが合わないカップルにありがちなのが、ドタキャンや一緒にいる時にうっかり寝落ちしてしまうことです。

仕事が終わるのを待っていたのに、「飲みに付き合うことになった」とLINEが来て結局会えなかったり、会えたのに寝て(寝られて)しまったり。

楽しみにしていた分、悲しい気持ちになってしまうでしょう。

ですが、悲しみ放置すると怒りに変わり、お互いの関係を悪化させてしまうことに繋がります。

こんな時は、仕事で頑張っている姿を想像してみたり、会おうと思っていたのに飲み会を断れなくて悲しそうにしている相手の姿を想像してみてください。

相手を理解しようと努め、許し合うことができるのが、良い関係を続けていくコツです。

時々は本音で語り合おう

相手を許そうと頑張っていても、やっぱり寂しさを感じてしまったり、悲しくなってしまうことはあります。

そんな時は、自分の気持ちを相手に伝えることも大事です。

本音で話し合うことで、お互いのことをより理解し合えるようになりますし、どうやってこの状況を改善して行けばいいのかというアイディアを出し合えます。

良好な関係を続けていくためにも、時々本音を話し合う機会を作る必要があります。

喧嘩になるかもとか、傷つけてしまうかもと考えると、言い出しにくいと思いますが、一番近い存在なのですから感情がぶつかることもあります。

それを避けるよりも、本音で気持ちを伝え合うほうが大きな収穫を得られるでしょう。

ただ、言い方には気を付けてくださいね。かつての私たちのように喧嘩三昧になってしまいますから…。

休みが合わないことだけを問題として捉えない

休みが合わないカップルは、何か上手くいかないことがあると休みが合わないせいにしがちだと思います。

だけど、休みが合わなくてもお互いを思いやる気持ちが、後々大切な思い出になることもあります。

私たちカップルにはこんな経験があります。

彼氏が仕事の都合上、12月23日~12月26日の4日間、絶対に休みが取れませんでした。クリスマスあたりが最も忙しかったのです。

一方、11月~12月の中旬までは働きづめだった私は、上司が気を利かせて「12月23日から彼氏とゆっくりクリスマスを過ごしてね」と4日間の休みをくれました。

絶対に休めない彼氏にダメモトで一日でも休めないか頼んでみたところ、やっぱりNOという返事で…。

分かっていたはずなのに、私は怒って泣き出してしまいました。(今思えば無茶苦茶なことを言っているなと思いますが、若かったので許してくださいと言い訳しておきます)

だけど、彼氏はそんな私を見て怒るどころか、笑わせようと頑張ってくれました。

ベッドに置いてあった赤いハートのクッションを頭に乗せて、大きなトートバッグを肩にひっかけてサンタのモノマネを始めたのです。

その瞬間、我に返っておかしなことを言ってしまったことを謝り、仲直りできました。

休みが合わないという事実は変えられなかったけれど、寂しさよりも、働きづめの彼を応援する側に回ることができました。

十数年経った今でも、クリスマスが近くなるとこのことを思い出しては、彼の懐の大きさを称えています。

休みが合わないことしか見ていなければ、私はきっと彼の優しさに気付けなかったと思います。

休みを合わせたほうがふたりでのんびり過ごせます。だけど、休みを合わせることが全てではありません。

休みが合わないなら、目標を変えてみましょう。短い時間でどう充実させるか、どう思いやってあげるかを考えてみてください

趣味に没頭してひとり時間を楽しむ

会えない時間は趣味を楽しみましょう。

読書・映画鑑賞・音楽を聴く・ゲームをする・運動をするなど、色々なことに挑戦してください。

余った時間にぼんやりしていると、ネガティブな感情に支配されてしまいます。

ぽっかり空いた時間を、充実した時間に変換することができたら、会えない時間はもちろん、会った時も楽しい時間を過ごせますよ。

一緒にいられなくても同じことはできる

別々に住んでいて、なかなか会う機会がつくれないというカップルにおすすめなのが、同じものを楽しむということです。

たとえば同じ本を読む、同じ映画を観るといったことならマイペースに楽しめます。

一緒にいられなくても、同じものを共有することで、心の繋がりを感じられるのでぜひやってみてください。

お互いの好きな作品を紹介し合って感想を語り合うのも楽しいですよ。

良い部分に目を向ける

物事には、必ずメリット・デメリットがあります。デメリットにばかり目を向けているのはもったいないですよ。

休みの日が合わないというのは、こんなメリットがあります。

・自分の時間がたくさんある
・一緒にいられる大切さがわかる
・相手の大切さが分かる
・同棲するきっかけになる など

メリットを意識するだけで、自分の時間や相手への気持ちをより強く感じられるでしょう。

同棲に踏み出す

別々に住んでいるカップルにとって、休みが合わないのは付き合っていくうえで大きな壁になります。

全然会う時間がなくて、今後もそれは変わりそうもないという場合は、同棲をするという道も考えてみてください。

お互いの生活がガラリと変わってしまうことになるので、よく話し合ってふたりにとってのベストを探りましょう。

私たちの場合は、同棲に踏み切ったことで休みが合わない問題は一気に緩和されました。

どんなに忙しくても、私の元へ帰ってきてくれるという安心感は、一緒にいられない寂しさに勝るものでした。

まとめ

恋愛はお互いに愛情があるからこその関係ですが、愛さえあればすべてが解決するわけではありません。

休みが合わないことで別れる危機に直面しているとしたら、愛情に頼りすぎていたところがないか振り返ってみてください。

「私のことが好きだったら、忙しくても会ってくれるはず」と思っていた時期がありますが、あの頃は自分のことしか考えていませんでした。

恋人と長く付き合っていきたいなら、愛情を盾に無理をしたりさせたりするのはやめておきましょう。

休みが合わない悩みを抱えていると、つい自分自身が抱えている不満や寂しさに目を向けがちです。

自分は相手のことを思いやってもいないのに、「愛してないの!?」なんて恋人を追い詰めることがないよう気を付けてくださいね。(かつての私がやらかしてしまったことのひとつです)

▼こちらの記事もどうぞ▼

タイトルとURLをコピーしました