彼女の誕生日に会えない…プレゼントはどうするべき?

彼女の誕生日
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

遠距離だったり、仕事が忙しくて彼女の誕生日に会えない…そんな時、プレゼントはどうやって渡したら良いのか、渡さなかったら悲しませてしまうのか扱いに困ります。

プレゼントだけでも渡しに行った方が良いのか、それとも、改めて誕生日を祝う時にちゃんと渡した方が良いのか…。

ここでは、彼女の誕生日に会えない時、プレゼントはいつ渡したら良いのか、どうしても無理な時はどうやって渡すのかについてお話します。

Sponsored Links

配達日を指定してプレゼントを送る

配達日を指定して、誕生日当日にプレゼントが届くようにする方法はおすすめです。

やっぱり、誕生日プレゼントは当日に受け取りたいと思っているはずですから、直接会えなかったとしても嬉しいと思ってくれるはずです。

この時に気を付けないといけないのは、いつからいつまで指定ができるのか?という点。

例えば、日本郵政なら、原則として差出日の翌々日から10日以内となっています。

直前にプレゼントを送ろうとした場合、間に合わなくなってしまう可能性もありますので、必ず確認しておきましょう。

また、誕生日当日に彼女がプレゼントを受け取れる状態かどうかを確認しておくのも忘れずに。

できるなら、プレゼントを送る前に何時くらいに家にいるのかを聞いて、時間指定もしておいた方が良いです。

当日に少しでも会えるなら直接渡す

誕生日当日に、少しでも会えるのなら直接プレゼントを渡した方が良いです。彼女にとっても直接会って渡された方が嬉しいはずですから。

会えないくらい忙しい中で、プレゼントを渡すためだけに時間を作ってくれた、誕生日を祝ってくれたというのも喜んでくれるでしょう。

誕生日前後にプレゼントを渡すのもおすすめ

当日に少しでも時間が作れたのなら、その日に渡した方が良いのですが、どうしても当日に会えないのなら、誕生日の前後にでも直接渡すのもおすすめです。

彼女の誕生日にできるだけ近い日に、会ってプレゼントを渡してください。

前と後、どっちが良いか聞いておく

直接会ってプレゼントを渡すと決めた場合、次は誕生日の前が良いのか、後が良いのかを彼女に確認しておきましょう。

というのも、誕生日に対する考え方は人によってかなりバラツキがあるからです。

誕生日前に渡すと「まだ来てないのに…」と思う人もいれば、誕生日後に渡すと「もう終わったのに…」と思う人もいます。

誕生日前と後、どちらも時間を取れるという場合、誕生日の前が良いのか、それとも後が良いのか、直接聞いておきましょう。

家族に置き換えると本心を聞き出しやすい

「お母さんの誕生日に実家に帰れないんだけど~」みたいな前置きをしておいて、誕生日と前と後どっちにプレゼントを渡した方が良いか、意見を聞いてみるという手もあります。

すると、「誕生日が過ぎた後だと嫌だと思うから~」とか「過ぎた後よりも前の方が良いと思う」という意見が聞けるでしょう。

誕生日はプレゼントだけじゃない

プレゼントのことばかりに意識を向けすぎると、プレゼント以外のことをうっかり忘れてしまうことがあります。

彼女の誕生日に会えないくらい忙しいということは、プレゼントのことがひと段落したら、すぐに他のことに意識が向いてしまうかもしれません。

最悪、プレゼントだけ送ってホッと一息…、当日におめでとうメールを忘れて彼女をガッカリさせてしまう可能性も…。

誕生日に意識しないといけないことは、彼女をしっかり祝うということ。

誕生日はプレゼントを渡すだけじゃないですよね。0時になった時におめでとうメールをしたり、手紙を渡したり、電話でお祝いのメッセージを伝えたり。

直接会えなかったとしても、できることはたくさんあります。

忙しいから仕方ないと思ってしまうと、できることもやらなくなってしまいます。どんなことできるのか、何をしたら喜ぶのか、色々アイディアを出してみてください。

どんなに小さなことでも、あなたが一生懸命考えて行動したことは必ず彼女に伝わります。もしかしたら、ちゃんと祝った時よりも喜んでくれるかもしれませんよ。

【体験談】当日一緒にいられなかったのに幸せだったクリスマス

誕生日とは違いますが、クリスマスに似たような経験があったのでお話させていただきます。

僕はクリスマスに絶対外せない仕事があったのに、彼女がクリスマスに休みを取ってきたことがありました。

当時、彼女は10連勤くらいしてから、ようやくもらえた休みだったので、「どうにか休みを取ってくれないか」と、それはもう悲しそうに訴えてきました。

当然「その日は絶対に休めない」と伝える僕、ついに泣き出してしまった彼女。

ですが、悲しんでいる彼女をどうにか笑わせたいと考えた僕は、近くにあった赤いクッションを頭に乗せ、サンタクロースの真似をしました。

その結果、彼女はすごく嬉しそうに笑ってくれました。

彼女が言うには、「一生懸命慰めようとしているのが嬉しかった」のだとか。

女性は気持ちを大切にする生き物と言われています。

この経験から、たとえ当日に会えなかったとしても、一生懸命フォローする気持ちが大切なのだと思いました。

まとめ

誕生日は1年に1度しかない大切な日。

そんな日に会えないとなると、申し訳ない気持ちでいっぱいになるかもしれませんが、プレゼントを用意したり、0時にメールをしたり、できることを考えましょう。

「ここまでやったんだから良いだろう」みたいに考えてしまうと、後々トラブルになってしまう可能性もあります。

彼女の誕生日がらみのトラブルは、別れに発展する恐れもありますので、十分に注意してください。

 

▼関連記事▼

「彼女の誕生日に会えない…」そんな時のベストな選択と最悪な行動

タイトルとURLをコピーしました